もともとはイタリアの言葉です

コーヒをいれる人物

カフェなどでお客さんにコーヒーなどを入れる職業であるバリスタ。この言葉は、イタリア語のバールに由来しています。バールとはコーヒーだけではなく、アルコールなども提供する飲食店のことです。そのため、イタリアのバリスタは、コーヒー以外の飲み物も提供しています。日本でこの職業が認知されたのは2000年を過ぎてからのことでした。カフェやコーヒー店などで活躍する姿を見かけるようになってから認知度が上がってきたのです。バリスタになるためには特別な資格は必要ありませんが、第一線で活躍するために資格獲得を目指す人も少なくありません。民間の団体の認定する資格がいくつか存在するため、それらを取得する人が多いです。

メジャーなラインセンスを取得しよう

コーヒー

もともとは海外発祥の職業であるバリスタですが、日本でも数ある職業の1つとして安定したものになりつつます。ところで、必要な知識や技術があることを証明するために民間団体の資格がいくつか存在しています。その中でも有名なのが、バリスタなどの育成を目的として設立された団体が認定する資格です。これは3つのレベルから成り立っていて、難易度の低いレベル1から取得していく仕組みです。レベル1を取得したらレベル2・レベル3へとステップアップしていき、より高い専門性を身につけていることを証明します。しかし誰でも受験できるわけではなく、この団体が認定した施設で必要な知識や技術を学ぶ講義を修了しなければなりません。終了後ライセンス試験を受けて合格すると、資格が与えられるのです。

試験を取得する仕組みについて

バリスタ

バリスタがいれるコーヒーやカフェラテなどは芸術的であることから、その出来栄えに感動する人も少なくありません。写真などに納めて、SNSを使って情報発信する人も多いです。特にラテアートは、バリスタ技術を代表するものとして認知されつつあります。芸術的なラテアートを作るためには、コーヒーだけでなくミルクに関しても相当な知識や技術を必要とします。ミルクの温度や空気の含ませ方など、試行錯誤しながら感動的なラテアートを提供することになります。もちろん、ラテアートを提供するために特別な資格は必要ありませんが、技術を身につけながら資格取得を目指す方法もあります。民間団体が認定する資格は複数ありますが、認知度が高い団体のものを取得することがポイントです。何故なら、バリスタ業界で有名なものほど信頼性が高く、ある程度の知識や技術を有しているとみなされるからです。これらの資格のほとんどが、指定された講座や技術講習を修了してから認定試験を受験する仕組みとなっています。

広告募集中